青色申告65万円控除はこんなにお得!
【税理士/風間税務会計事務所】

[質問]4
個人事業を営んでいるのですが、青色申告して65万円の特別控除を受けると、白色申告に比べて、具体的にいくらぐらい支払う税金が少なくなるのですか?
 

[回答]4

『個人事業主の方が、青色申告して65万円の特別控除を受けると税金上で大きなメリットがあります。』

このようなことは、様々な雑誌や書籍あるいはインターネット等の情報を通じてご存じの方も多いことだと思います。

『でも、税金上でメリットがあると言っても、青色申告すると具体的にどれくらい支払う税金が少なくなるの?』

こんな疑問をお持ちの個人事業主の方もいらっしゃるのではないでしょうか?

では、上記の疑問にお答えするために、具体例をあげて検証してみましょう。

【事例】

個人事業主Aさんの1年間の収入金額、必要経費および支払った社会保険料は、下記のとおりでした。 

・1年間の収入金額(売上高)1000万円
・1年間でかかった必要経費400万円
・国民年金の支払額18万円
・国民健康保険料の支払額22万円

【検証】

上記事例の個人事業主Aさんの所得税額は、いくらになるでしょうか。

白色申告する場合”と“青色申告して65万円の特別控除を受ける場合”の2つのケースについて、試算してみることにします。
 

〔STEP 1〕 まず、所得金額を計算します。

白色申告の場合 

青色申告(65万円控除)する場合 

売上高                                    1000万円

必要経費                                 −400万円
 

所得金額                                   600万円

売上高                                     1000万円

必要経費                                 −400万円

青色申告特別控除額                     −65万円

所得金額                                   535万円

〔STEP 2〕 所得金額から所得控除額を差し引いて、課税所得金額を計算します。

白色申告の場合 

青色申告(65万円控除)する場合 

所得金額                                   600万円

社会保険料控除

国民年金                                   −18万円

国民健康保険料                          −22万円

基礎控除                                   −38万円

課税所得金額                             522万円

所得金額                                   535万円社会保険料控除

国民年金                                   −18万円

国民健康保険料                          −22万円

基礎控除                                   −38万円

課税所得金額                              457万円

〔STEP 3〕 課税所得金額に所得税の税率を掛けて所得税額を計算します。

白色申告の場合 

青色申告(65万円控除)する場合 

522万円×20%−427,500円

 616,500円 

457万円×20%−427,500円

 486,500円 

〔STEP 4〕 所得税の差額

616,500円−486,500円 = 130,000円


いかがでしょうか。

1年間の利益額が600万円だった個人事業主Aさんの場合、青色申告して65万円の特別控除を受ければ、白色申告の場合に比べて、所得税だけで130,000円もお得になることがわかります。(※1)

加えて、青色申告特別控除額65万円は、個人の住民税(都道府県民税および市民税)の計算をする際にも適用されます。

平成19年分以降、個人の住民税率は10%ですので、青色申告して65万円の特別控除を受ければ、白色申告に比べて、さらに住民税が65,000円(65万円×10%)お得になるわけです。

これだけ支払う税金に差額が生じてくるのであれば、少々手間はかかるけれども青色申告する価値は大いにあると言えそうですね。

もし、あなたが個人で事業を営んでいる方でしたら、青色申告して65万円の特別控除(青色申告特別控除)を受けられることをぜひお勧めします。
 

(※1)

上記の計算は、あくまでもある一つの事例について計算した結果です。したがって利益額が600万円の場合でも、所得控除額の違いや税額控除の有無等によって、青色申告と白色申告の所得税額の差額は異なってくることがありますのでご注意ください。

また、所得税の税率は、課税所得金額に応じて5%~40%と規定されています。そのため、課税所得金額の大小によって、青色申告する場合と白色申告する場合の所得税の差額は異なってくることになります。

税理士をお探しの個人事業主様へ

風間税務会計事務所の “業務内容” や “税理士費用(報酬・料金) などについて、もっとくわしく聞いてみたいという方は、どうぞお気軽にお問い合わせください。

税理士をお探しの方はどうぞお気軽にお問い合わせください.gif

相談は無料です!!

お電話でのお問い合わせは、こちらにおかけください

03-3498-5262

税理士/渋谷区 東京都で税理士事務所をお探しなら
【風間税務会計事務所】

お問い合わせ・無料相談はこちら

まずは無料相談にて、お気軽にお問い合わせください!!

お電話でのお問い合わせはこちら

03-3498-5262

お電話でのご相談受付時間:平日 10:00~20:00

お問い合わせはこちら

03-3498-5262

お電話でのご相談受付は
平日 10:00~20:00

ごあいさつ

風間税務会計事務所
税理士 風間 宏一

[東京税理士会 渋谷支部所属]平成16年 税理士登録
【登録番号 100986】

事務所紹介

東京都渋谷区の
税理士事務所/会計事務所
風間税務会計事務所

0120-385-685

03-3498-5262

03-3498-5263

hiro-kazama@tkcnf.or.jp

〒150-0011 東京都渋谷区
東2-18-6 松岡ビル202

交通案内

JR山手線 渋谷駅より明治通り沿いに徒歩9分、
または、
JR山手線 恵比寿駅より明治通り沿いに徒歩8分です。

業務地域

東京都 [渋谷区 (渋谷、代々木、恵比寿ほか区内全域) 、新宿区、港区、目黒区、
世田谷区、中野区、杉並区、品川区他] を中心に東京都内全域で業務をおこなっています。
神奈川県 [横浜市、川崎市他] についても対応しておりますのでご相談ください。

事務所紹介はこちら